研究室の概要

生物と環境の関係を理解し応用する -組織から群落まで-

 生物の成育は環境の影響を受けます。また、生物はその生命活動により環境へ影響を及ぼします。この生物と環境の関係を理解することは、生物生産システムの効率化および生産物の高品質化のための新たな方法や環境問題の解決方法の提案・確立には必要不可欠であるといえます。当研究室では、生物生産システムの効率化や生産物の高品質化、さらには環境問題の解決を念頭に置きながら、おもに植物と環境の関係を組織、器官、個体、あるいは群落レベルで解析し、新たな知見の獲得と新たな領域の開拓を目指して研究を進めています。基本的には工学と生物学の境界領域を研究対象としており、その内容は、生物生産システムのための光、水、ガス環境制御法の開発などの工学的色合いの濃いものから、環境要素に対する植物の光合成応答の解析などの植物環境生理学に近いものまで、比較的広範囲に及びます。

過去の博士論文・修士論文の題目

博士論文

修士論文


博士論文 (当研究室教授が主査となった論文博士を含む)

平成29年

平成27年

平成19年

平成18年

平成17年

平成12年

平成11年

平成10年

平成9年

平成8年

平成7年

平成5年

平成4年

平成3年

平成2年

平成元年

昭和63年

昭和62年

昭和61年

昭和60年

昭和59年

昭和58年

昭和53年

昭和52年

昭和48年

昭和47年

昭和46年

昭和44年

昭和43年

昭和42年

昭和41年

top


修士論文

平成30年

平成29年

平成27年

平成26年

平成25年

平成24年

平成23年

平成22年

平成19年

平成18年

平成17年

平成16年

平成15年

平成14年

平成13年

平成12年

平成11年

平成10年

平成9年

平成8年

平成7年

平成6年

平成5年

平成4年

平成3年

平成2年

平成元年

昭和62年

昭和60年

昭和59年

昭和58年

昭和57年

昭和55年

昭和50年

昭和49年

昭和47年

昭和45年

昭和44年

昭和43年

昭和42年

昭和39年

昭和38年

top


Home Page